生命保険案内

生命保険の知識を身につけよう

いろんな種類の生命保険があって様々な保険会社が誕生しては消え、また新たに生まれています。
当サイトでは、そんな生命保険についての知識を身につけていただくことを目的として、様々な角度から生命保険を語っています。 ぜひ、ご利用をご検討ください。

外資系生命保険会社の参入による影響

外資系生命保険会社の場合には、国内の商品と外資系の商品とのそれぞれの良さをミックスさせた独自の商品を販売しているところもあります。生命保険会社には、国内と外資系企業の他にも、株式会社と相互会社がある、というのは、あまり知られていません。
続きを読む…


外資系生命保険会社の参入

これまで、生命保険の外交員が販売するものとしては、大手生命保険会社を中心にパッケージ商品が中心でした。「定期保険特約付終身保険」などです。これに、特約として医療保険を加えたりすることもありました。しかし、最近は外資系の市場参入、保険商品の多様化、インターネットの普及などで、契約する側も保険商品にはいろいろと選択の幅が広まっています。
続きを読む…


生命保険と税金の課税対象

これらの三つの生命保険金は、それぞれに関係する税金と、税金で損をしないための入り方が異なってきます。生命保険と税金の関係で一番注意すべき点は、贈与税を避けるようにすることです。なぜなら、贈与税はもっとも税率が高いからです。
続きを読む…


生命保険と税金の分類

生命保険への加入を考えたとき、保険金額を大枠とし、保険の種類を切り分けていくことです。終身保険に入れるか?死亡保障、高度障害保障にプラスしてオプションをつけるかどうか?というところがポイント。
続きを読む…


生命保険での三大疾病特約への関心の高まり

日本では核家族化が進み、夫婦と子どもだけの少人数家族が増えています。これに伴い、生活に必要な保障は自己責任で、という考え方が高まっています。長引く不況による、生活への不安も高まっています。最近の年齢別の死因をみると、若い年代では不慮の事故や自殺によるものが増加し、また、中高年層ではガン心臓病・脳卒中などの成人病によるものが増加しています。成人病をはじめ,交通事故・労働災害などによる死傷や疾病も社会的な関心ごととなっています。こうしたこともあって、万が一の場合の経済準備の必要性を感じる人も増えているようです。生命保険でも、こうした社会情勢を反映してか、三大疾病特約への関心が高まっていて、今や、生命保険会社の一番のメイン商品と言っても良いくらいです。「がん」、「脳卒中」、「急性心筋梗塞」は日本人の死因の上位を占めています。高まる不安から、勧められるままに高い生命保険料を払ってしまう、という人も多いようです。ここで注意すべき点は、三大疾病特約には、支払われるのに様々な条件があり、その全てを満たさないと病気になっても支払われない、ということです。例えば、がんは「支払いの対象のガン」と「支払い対象にならないガン」があるのです。
続きを読む…


生命保険契約する時のチェックポイント

子供がまだ小さい場合は、生命保険での学費の補填を考慮する必要があります。遺族年金も忘れてはいけません。亡くなった人の職種によっては遺族年金がもらえる場合があります。
続きを読む…


生命保険契約時のチェックポイント

生命保険の契約に際し、実際、どのような時に、どれくらいの保障が必要なのか、考えてしまうことが多いでしょう。確かに、保障金額が高ければ高いほど、いざというときに助かることになりますが、給与所得者である場合、生命保険料の負担が多すぎて継続できず、やめてしまっては意味が無いことになります。
続きを読む…


生命保険の募集人の禁止行為

生命保険の募集人には、どこの生命保険会社の身分証明を持っているかを確認すべきですが、保険会社によっては身分証明証を廃止し、募集人の確認は保険会社に電話しなければいけないところもあるんです。
続きを読む…


生命保険の募集人に関して注意すべきこと

わが国では90%以上の人が保険に入っています。日本人は保険好きな国民といえるでしょう。平均して、月に3万円以上の掛け金を払っています。年間40万円払うとすると、30年で1200万円となるのです。
続きを読む…


生命保険の見直しと転換するという心構え

生命保険の見直しの検討をする場合、自分で資料などを取り寄せてよく考える方法もひとつではありますが、ファイナンシャルプランナーなど中立な立場の人に相談するのがベスト。そして保険会社に今加入している生命保険を下取りしてもらい、新しい保険に加入し直す、転換という方法があります。
続きを読む…


生命保険の見直しと転換

生命保険は、ライフステージの変化に伴い、必ず見直しの時期が来るものです。生命保険の見直しは、まず、保険を見直すべき時期を判断することから始まります。出来れば、ライフステージの節目を迎える時より、少し早めに考え始める事が望ましいでしょう。
続きを読む…


若いうちに加入する生命保険の終身保険

若いうちに生命保険に契約すると、終身保険でも充分な保証が得られるケ-スが多いのですが、途中で契約切り替えをしたり解約すると、せっかくのメリットをなくしてしまうことになるので、注意が必要です。
続きを読む…


生命保険は終身保険が望ましい

生命保険に関しては、大抵の人が、少しでも生命保険料を安くすることを考えていて、逆に、少しでも多くもらう、ということになかなか気づかないものです。
続きを読む…


ライフシーンごとの生命保険の見直し

ライフシーンもどんどん変化していくと思うのですが、住宅ローンなどを利用して住宅を購入した場合、団体信用生命保険に加入しておけば、万一の時には、残ったローンは生命保険金で相殺されることになります。
続きを読む…


ライフステージごとの生命保険の見直し

生命保険に加入しても、ライフステージの変化に伴い、生命保険の内容を見直す必要が出てきたりするものです。就職をして親から経済的に自立した場合、まず、生命保険でも医療保険に加入することです。
続きを読む…


生命保険の運用はバランス重視で

会社経営者、自営業、高額納税者等は、相続や事業継承問題も生命保険と関わってきますので、生命保険会社の担当者などに相談すべきでしょう。生命保険の保険料を算出する際、生命保険会社は「生保標準生命表」で死亡率を割り出しています。
続きを読む…


今の生活とのバランスを考えた生命保険の運用

生命保険に加入しても、契約後は保険証券を全然見たことがないという人は結構多いものです。生命保険でも、同じ商品(保障額)なら、いろいろな生命保険会社のものを比較して、少しでも保険料を抑えたいものです。
続きを読む…


生命保険を資金運用する心構え

どの生命保険を選択するかは、家族のライフプランに合わせて選択しなければいけません。退職後も終身保険の生命保険料を支払わなければいけない。まとまったお金が必要ない時期に養老保険が満期となる。
続きを読む…


無理ない範囲での生命保険の資金運用

生命保険というと、よく解らないまま、付き合いで入っている、とか、しつこいセールスマンに強引に入らされた、など、あまり良いイメージがないものです。生命保険は、自分が死んだ後の、家族の生活保障のため、と言う考え方が一般的ですが、金融商品としての活用方法もあるのです。
続きを読む…


生命保険で貸付を受ける

自分が契約している生命保険の解約返戻金についてよく分からない場合、生命保険会社などに問い合わせしてみることです。会社を立ち上げたりして、まとまった資金が必要な場合など、まず初めに、一時払いで高額の終身保険と契約し、その解約返戻金を元に貸付を受ける、という方法もあります。
続きを読む…


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED