業界を越えた生命保険業界 | その他

業界を越えた生命保険業界

生命保険の基本的概念は、困っていたら、皆で少しずつお金を出し合い、助け合っていく、というものです。自分が毎月生命保険料を支払うのは、自分がその助けを受けるためのものなのです。こうした生命保険の仕組みを相互扶助といいます。保険会社と契約を締結し、各種請求権などの契約上の権利や、保険料支払いなどの義務をもつ人が契約者となります。

その人の生死や、入院を保険の対象とされる人が被保険者です。契約者から指定され、保険金を受取る権利のある人が受け取り人となります。生命保険のプランによっては、保障だけでなく、貯蓄性を兼ね備えたものもあります。死亡などの時に保険金を受取ることのできる機能が保障です。死亡により、将来の収入が失われる分を保障してもらえることになるわけです。一方の、貯蓄の場合、満期時に満期保険金などを受取ることができる機能です。何か損失が生じたことに対して保障してもらうお金ではないので、名称は保険でも、実質的には貯蓄となるわけです。貯蓄性を持つ保険商品としては、養老保険、個人年金保険、こども保険、終身保険などがあります。最近の金融商品の複雑化に伴い、業界の垣根が無くなろうとしています。生命保険業界でも、投資信託と年金を組み合わせた変額型年金保険や、ドル建ての生命保険・年金保険などの保険商品が出回っています。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED