業界を越えた生命保険の配当金 | その他

業界を越えた生命保険の配当金

生命保険の特約も増え、一般の人々には、より一層内容が理解しにくくなってきています。日本人の平均寿命がだんだん長くなり、高齢化社会が更に進展していることから、保険会社が設定する予定死亡率も、次第に低くなっています。

これにより、定期保険(定期保険特約も)の保険料が、これまでと比べ、安くなる傾向です。生命保険会社は、年度の収益を算出して増収になると、その一定割合以上を加入者に戻すことになっています。これが配当金です。予定の死亡者数よりも実際の死亡者が少なかったり、お金の運用が予定よりうまく行ったり、予定の会社の事業費よりも実際の事業費が少なかったりして、余剰金が出た場合に配当金を受け取ることが出来ます。こうした配当金でも、最近は配当金が全くないタイプ(無配当保険)や余剰金が出た場合しか配当金がでない保険(利差のみ配当保険)もあります。予定利率が高い生命保険だったりすると、配当金が出ない場合があります。また、生命保険の加入時に予定の配当金が知らされる場合もありますが、あくまでも試算であり、必ずその配当金がもらえるというわけでもありません。配当金にもあまり過剰な期待をしない方が無難なのです。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED