生命保険大学はレベルが高い | その他

生命保険大学はレベルが高い

生命保険大学というものがあるのを知っているでしょうか。これは生命保険業界で、昭和49年から取り入れられている共通のシステムで、生命保険募集人の教育として行われています。平成4年から、今のシステムとして、本格的に行われているのですが、生命保険大学の課程などを修了した人が生命保険募集人として営業活動ができるようになります。

生命保険大学があること、そしてレベルに合わせてしっかりと教育をしているということによって、生命保険のプロとして、営業スタッフや代理店を充実させることにつながります。生命保険大学は色々とレベルがあるうちの、4つ目のレベルと思ってもいいと思います。まずは生命保険に関しての基礎レベルとして、一般課程があります。この一般課程試験は、生命保険の基礎についての試験で、営業職員というのは、入社してから所定の単位を取らないといけない決まりになっていて、入社説明会から、入所して、そして研修が終わってから一般課程試験を受験して合格した上で、登録が行われてそして研修が行われますから、かなり長い道のりです。その次の生命保険のレベルとしては、専門課程があります。専門課程は、一般課程の次のレベルで、生命保険の販売に関する専門的な知識や、周辺の知識などを身につけて、お客様のニーズにこたえていくというのが目的になります。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED