生命保険の試験で判断されることは | その他

生命保険の試験で判断されることは

生命保険の試験とは、色々なレベルに合わせて実施されています。生命保険の試験を実施する目的としては、深く生命保険についての知識を身につけることを目的としています。生命保険の試験として一番一般的で、一番最初に出てくる試験は、一般課程試験と呼ばれる試験です。

この試験は生命保険募集人、つまり生命保険の契約をするための営業スタッフや営業外交員として、お客様に、生命保険についての紹介や説明を行うことができて、その上で信頼されるような存在になれるかどうか、その素質や正しい知識を身につけているかなどを判断するための試験です。生命保険業界内で行われている共通の試験になります。生命保険会社は今色々とありますが、どの会社も共通している試験ですから、たとえば、国内の生命保険会社から、外資系の生命保険会社に移動したという場合でも通用する資格なので、業界内であれば、1度資格をとっておけば便利な資格でもあります。受験にあたっては、生命保険会社だけに限らず、生命保険を商品として取り扱っているような金融機関に勤めている社員、また生命保険の代理店などの社員は、入社してすぐに研修を行い、生命保険一般課程試験を受験することになります。生命保険一般課程試験を主催しているのは、社団法人生命保険協会です。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED