生命保険の試験の受験資格は | その他

生命保険の試験の受験資格は

生命保険一般課程試験には受験資格があります。受験資格としては、社団法人生命保険協会が決めている所定の単位を履修してから2か月以内に試験を受験しなければいけないということになっています。

生命保険一般課程試験は毎月1回行われていますので、途中で入社してきた人でも、1ヵ月で受験可能になります。社員に限らず、パートやアルバイトで、生命保険会社に雇用されたという場合でも、営業に関わる仕事に就くという場合には、生命保険一般課程試験を受験して合格しなければ活動をすることができません。社団法人生命保険協会は、この生命保険一般課程試験以外にも、その次のレベルとしての専門課程、そして応用課程試験、大学課程などの試験も実施して生命保険に関する知識を社員やその仕事に携わる人に身につけてもらうことを目的として行っています。生命保険会社の試験は、レベルにあわせて受験して行き、まず最初の試験が生命保険一般課程試験ということになります。この試験に合格しなければ、パートであっても、生命保険の仕事に就くことができませんので、必ず合格しなければいけませんが、それほど難しい試験でもありません。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED