生命保険の満期保険金には贈与税が | 保険選択時の心構え

生命保険の満期保険金には贈与税が

生命保険の種類の中には、満期保険金がもらえるタイプのものもあります。満期保険金とよばれるお金が受け取れる保険は、養老保険などが一般的です。養老保険は、満期保険金を受け取ることができることで知られているのですが、万が一、払込期間中に被保険者が死亡してしまったり、万が一のことがあったという場合には、満期保険金を受け取るのではなくて死亡保険金になる保険です。

被保険者が満期になるまで生存していれば保険期間が満期になったと同時に、満期保険金を死亡保険金と同じ額だけ受け取ることができるというタイプの保険です。満期保険金は受け取る人によってかかってくる税金というのが違ってきます。満期保険金は受け取ったら税金がかかってきます。それが受け取る人によって違っているのです。契約者と受取人が同じ人である場合には、満期保険金に、所得税と住民税がかかってきます。そして契約者と受取人が別の人の場合には、生命保険の満期保険金には、贈与税がかかることになっています。すべての満期保険金に税金がかかってくるのではなくて、控除額も決められていますから、それを踏まえた上で、自分で申告をすることになっています。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED