生命保険の満期保険金を受け取る場合 | 保険選択時の心構え

生命保険の満期保険金を受け取る場合

満期保険金を受け取るという場合には、契約している被保険者本人が受取人になっているという場合もありますので、その場合には、所得税と住民税がかかってくると思います。政府の方針や法律自体が変わった場合には、保険を受け取った場合の保険料にも変化があるかもしれませんよね。

もしも満期保険金を第三者が受け取るということになっている場合には、受取人が被保険者ではありませんから、現行の法律では贈与税がかかってきます。その点は受取人によってかかってくる税金が違うので、覚えておきましょう。生命保険の受取人にしていたのに、受取人がなくなってしまった場合には、法定相続人が受け取ることになります。受取人が死亡している場合には、受取人の法定相続人に当たる続柄の人が、受取人ということになります。通常、生命保険の受取人が死亡した場合などは、受取人の変更などを行うのが一般的ではありますが、行うのを忘れてしまった人もいると思います。その場合は、相続人として法定相続人が新たな受取人として受け取ることになりますので注意しましょう。生命保険の受取人を変更するという場合や、何かあった場合は、生命保険会社に連絡を入れるようにしましょう。やっぱり専門家に頼るのが楽だし確実です。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED