生命保険の告知義務は確実に | 保険選択時の心構え

生命保険の告知義務は確実に

生命保険に加入する際には、告知義務というものがあります。この告知義務というのは、生命保険にこれから契約をするという場合に、生命保険会社が色々と聞いてくる項目がると思います。その項目について、嘘をつかずに告知しなければいけないという義務になります。

告知の際に隠したり、嘘をついて生命保険に入った場合には、それが契約をしてから分かって、いざ生命保険を利用して保険金をもらおうと思った場合に、ばれてしまったら、保険金がおりないことはもちろんのこと、その生命保険の契約辞退も解約させられることにつながるかもしれませんので、十分に注意しなければいけないのです。よく、医師の診断というような言葉を生命保険に入るときには聞かれると思いますが、なぜ生命保険で医師の診断が必要なのか、それは今の健康状態を見るからです。生命保険会社としては、できるだけ保険金というのは支払いたくないものです。それなのに、もしかするとどこか体の悪い人を生命保険に知らずに契約させてしまって、契約してすぐに万が一のことがあれば、生命保険金を支払わなくてはいけないことになります。ですから、医師の診断を受けてもらって、何ともないことを確認したうえで契約をさせるというのが一般的な方法なのです。医師の診断が必要ない生命保険も中にはあります。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED