生命保険と共済の違い | 保険選択時の心構え

生命保険と共済の違い

生命保険と共済の違いについて、わからない人も多いと言われています。どちらも同じ用な働きをしているには違いがないのですが、生命保険と共済では大きな違いが3つほどありますので、確認しておくと、自分は生命保険に加入すべきなのか、それとも共済に加入すべきなのかが分かっていいのではないでしょうか。

まずは団体なのか個人なのかという点が生命保険と共済では大きく違っています。共済の場合には、特定の仕事についている人や、地域に住んでいる人を対象にした団体員を会員としています。たとえば市民共済や県民共済といったように地域を限定しているものが共済には多いと思います。その点生命保険の場合には不特定多数で、誰でも入ることができるので、職業や住んでいる地域を問わずに入ることができます。そして二つ目の違いとしては、生命保険と共済の違いとして、保険料は一律なのか、それとも人によって色々と違っているのかという点で違いがあります。共済の場合には、加入する年齢や性別などに全く関係なく掛け金というのはすべて一律で決められています。しかし生命保険の場合には保険期間によっても違ってきますし、加入したときの年齢や加入した生命保険の種類、保障内容によっても違ってきます。最後の生命保険と共済の違いとしては、保険金の設定額が大きく違っています。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED