生命保険と共済の比較を営業マンに言うと | 保険選択時の心構え

生命保険と共済の比較を営業マンに言うと

共済の場合には、一般的な保険のプランが最初から決められているので、自分で手厚く保障をつけたいと思ったり、自分にぴったりの保障をつけるというようなことはできません。死亡保障の金額などもすべて最初から決まっているのが、共済です。

病気や死亡などの保険の金額も、生命保険ほど多くないのが特徴で、保険として多額の保険金をかけたいと思っている人には向かないと思います。その点生命保険の場合には加入者のライフステージやライフスタイルに合わせて保険の必要な保障額を決めることができますし、死亡保険の保険金は最高で1億円受け取れる保険もありますから、それぞれ自分の希望通りに設定することができるのです。共済と生命保険はこのように、大きな違いとしては、三つの違いがありますので、自分はどちらのタイプに加入するのがいいのか、良く考えたうえで、共済と、生命保険を選ぶといいと思います。比較的保険料も安くて保証金額も低めになると共済ですし、自分好みに保障を色々とつけたいと思っている場合には、生命保険に加入するというのがいいでしょう。ちょっと事情通ぶった人からたまに聞くのですが、生命保険の営業マンに「共済と比較する」というと、その担当者はそれ以上は営業してこないから断るならこれに尽きると。しかし、生命保険と共済保険の違いがしっかりと理解できていれば、そういった質問自体が的を得た質問ではないということが分かる訳ですね。いやー、保険って奥が深いですね。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED