生命保険の年金型に加入するならこれ | 保険選択時の心構え

生命保険の年金型に加入するならこれ

個人年金保険の定額型の場合には自分は支払った保険料が年金として受け取れます。生命保険に契約をした段階で、年金の原資はすでに決められていますから、老後の資金としてかなり貯金目的で入るのにいいと思います。

そして変額年金保険というのは、支払った保険料を投資信託で、一度運用して、そして積立金が年金となって支給されるという形になります。どれだけ運用できるのか、その実績によっても違ってきますから、どちらかといえば、投資信託の商品といってもいい生命保険の年金保険になります。積み立てたお金に対して、投資信託をする手数料が3パーセントくらいとられるというケースが多いです。ですから、もしもそれ以上利回りが出て、運用できたらいいのですが、できなかった場合には、年金言すが払い込んでいた生命保険料よりも低くなるということもあるので、できれば、不景気の今なら生命保険の年金保険に加入するという場合には、積立で着実に積み立てたお金がもらえるというタイプの、個人年金保険定額型に加入しておいたほうがいいと思います。投資信託をしたいと思っているなら別ですが、きちんと着実に積み立てたいと思っている場合には、年金保険に加入するさいに個人年金保険を選ぶようにしましょう。これからは老後の資金を生命保険で用意しておく時代です。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED