生命保険会社が破たんした場合のデメリット | 保険選択時の心構え

生命保険会社が破たんした場合のデメリット

もしも生命保険会社が破たんして、救済保険会社が出てこないという場合には、生命保険契約者保護機構の子会社が設立した承継保険会社によって保険の契約を引き継ぐという形になります。または生命保険契約者保護機構そのものが保険契約を引き継いでくれるという形になります。

生命保険契約者保護機構が保険契約を引き継ぐという場合には、場合によっては契約している人にとってはデメリットが発生します。どんなデメリットなのかいうと、正規人準備資金が削減される可能性があるともいわれています。そして生命保険の予定利率が引き下げられることが多くなります。そして早期解約控除が行われてしまったり、生命保険金額の総額が少なくなってしまうケースもあります。できるだけこれから生命保険会社を選ぶという場合には、破綻をした時のことも考えて、リスクを減らす方法を考えながら加入することも一つの方法です。たとえば掛け捨の保険をメインにして加入するとか、いろいろな保険会社に契約を分けて破たんのリスクを減らすそして自分で生命保険会社を選ぶ際に、経営状態をしっかり把握して加入することが大切です。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED