生命保険の不払いで気をつけるべき点 | 保険選択時の心構え

生命保険の不払いで気をつけるべき点

生命保険会社が保険金を不払いするという事件が頻繁に起きているとして実際に問題になっているのですが、現在日本の生命保険会社は40弱の会社があるのですが、調査をした結果、不払い件数というのは、25万件に上るとされています。

不払い保険金は総額にしてみると、284億円になっているとのことですから、かなりの額の生命保険金が不払いになっていることがよくわかります。これはまだ調査の途中段階ですから、不払いについてはもっともっとあるのではないかという見方も増えているのです。生命保険会社の保険金不払い、人事に思っている人も多いかもしれませんが、人事ではありませんから、しっかり気をつけなければいけません。生命保険の不払いに巻き込まれないためにも、自分で気をつけるべき点がいくつかありますので、紹介していきたいと思います。生命保険の不払いの場合に一番多いとされているのは特約を不払いされるケースだということです。特約はそもそも主契約にオプションとしてサブで付けるものですが、補償内容を手厚くさらに充実させる目的で付ける人が大半です。生命保険の定期保険の場合はメイン契約は死亡保障で、特約に入院特約や三大病特約などをつけるというケースが多いといわれています。特約だけでは加入できませんから、メインにつける形になります。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED