生命保険の不払いになっているケース | 保険選択時の心構え

生命保険の不払いになっているケース

生命保険を契約している人の中には、メイン契約よりも特約にお金をたくさん支払っている人が多いのですが、いま問題になっているのが特約の不払いです。生命保険の特約の不払いがとても多いといわれていますので、不払いにならないためにも、しっかり内容を確認して本当に必要な特約であるかどうかも確認しておきましょう。

生命保険の不払いの中で一番金額的に高かったのは三大疾病特約の不払いです。このオプションの特徴は診断された時点でお金がもらえるというケースになるのですが、実際には保険金の請求に何日入院したから入院給付金の請求だけをしている人がいるケースが多くて、実際には入院給付金だけ請求して、診断されてもらえる給付金を申請しないでそのままにしているというケースが多いのです。これが不払いになっているケースにつながっています。現在特約で申請しないせいで不払いになっているのは4千件をのぼるといわれています。そしてもうひとつ不払いでは通院特約を支払っているのに、申請しないことで、不払いになっているというケースも多いといわれています。特約をつけすぎて何に入っているのかわからないということが多いですから、十分に確認して申請し忘れしないようにしないともったいないですよ。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED