生命保険の必要性を再認識したい | 保険選択時の心構え

生命保険の必要性を再認識したい

生命保険の必要性は人それぞれ違っていると思いますが共通して言えることとしては、生命保険というのは万が一の時に、残されてしまった家族のために加入するということはもちろんですが、ただ、それだけではありません。

病気をしてしまったり、けがをしてしまった場合の医療費を用意しておくことや老後、介護に備えることも生命保険の必要性になるのではないでしょうか。普段は普通に生活していても、実際には、色々なリスクが周りを取り巻いています。例えば現在がんで亡くなっている人というのは1分30秒ごとに1人の割合で亡くなっているといわれていますし、入院が必要な人は2.3秒に一人といわれている時代です。そして交通事故の発生は37秒に1件の割合ですし、事故で亡くなっている人も91分に1人の割合と言われていますから、かなり低い確率で自分が該当する可能性も否定できません。生命保険に加入しておくということはこれらの病気やけがや事故などのリスクに備えることにつながります。もちろんの家族のためにもかけなければいけないのが生命保険です。万が一の時の家族のためだけに生命保険に入るという必要性も大切ではありますが自分が生活をしていくために、何らかのリスクに対しての備えとして用意しておくべきことでもあります。ですから自分のためのリスクへの備えとしても、家族のためにも両方を兼ね備えているような生命保険に入るというのが、本来一番正しい生命保険の加入の目的なのです。万が一の時に備えることはもちろん生命保険の必要性の中でもとても大切なことではありますが、そればかりに重点を置いていると、万が一事故にあった、病院に通うことになったという場合に出費がかさむと思います。しかし万が一の事故や病院の通院など、自分の備えばかりに重点を置いている生命保険に入っていても本当に死亡したときに、残された家族のために何も備えがなかったというのではいけません。どちらの面も十分に兼ね備わっているような生命保険、それが生命保険に入る際にとても重要なことになるのではないでしょうか。これから特に生命保険に加入するという人は、自分のための備えとしての生命保険と、そして残された家族のための生命保険と、両方をかけておく必要がありますので、その点を理解したうえで、生命保険に加入するようにしましょう。リスクへの備え、そして万が一の残された家族への備え、この両方が備わっている生命保険、それが一番安心です。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED