生命保険の設計をどうするか | 保険選択時の心構え

生命保険の設計をどうするか

生命保険というのは、契約を考える際に「設計」という言葉を使います。生命保険を設計する、とても大きなことのように感じる人もいるかもしれませんが、生命保険は設計するというのは後からどんどん実感が湧いてくるものなのです。

なぜならそれぞれの家庭の家族構成を基にしたり、生活習慣や個人のライフステージやライフスタイルによって、生命保険というのは色々と違ってきますので、設計をしていくというような考え方なのです。自分で生命保険の設計をしていくことが必要ですが、多くの人が1度加入してしまうとほとんどそのままにして、ライフステージが変わったり家族構成が変わっていてもそのままにしているというケースが多いといわれています。そこで、ライフステージごとに生命保険の設計をどうやって見直していくのか、どの時点で見直すのかということについて紹介してきたいと思います。まずは結婚をした場合には生命保険の設計を変える場所でもあります。配偶者が増えたことで、今までは自分ひとりでよかったものが、配偶者のために生命保険の保障をアップさせる必要が出てきます。そして子供が生まれたという場合にはさらに家族構成が増えることになりますので、その点も生命保険の設計を変えなければいけません。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED