生命保険の設計を再構築 | 保険選択時の心構え

生命保険の設計を再構築

生命保険の設計について、もう少し見ていきましょう。もし住宅ローンを組んだ場合にも、生命保険の設計を変える必要があります。夢のマイホームを手に入れたからには保証も大きくしたくなる気持ちも分かります。しかし・・・

住宅ローンを組んだ人は団体生命保険に入らなければいけませんから、この場合は、今まで住むところの保障の分も加えて保険に加入していたという場合には、住むところの確保は団体生命保険があるので大丈夫ですから、保険料を見直して安くできるかもしれません。そして退職をした場合にも生命保険の設計を変える必要があります。また主婦がこれから働き出したという場合には、今までは死亡保障をつけていない保険に加入していた人も多かったと思いますが働き出して、家計を助けるということになれば、それだけ万が一のことがあった時にリスクが出てきますので、主婦でも生命保険に加入して死亡保障をつけた方がいいことになるのです。このように生命保険はライフステージごとに設計を見直す必要がありますので、自分の人生の節目ごとに保険の設計をきちんと変えていく、変更して見直していくことが大切です。つまり再構築するわけですね。ひとりで設計ができない人はファイナンシャルプランナーに相談をしてみるとか、保険のスタッフに相談するなど色々と方法はありますので、生命保険会社の相談窓口を一度利用してみるといいかもしれませんね。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED