主婦の生命保険の考え方 | 保険選択時の心構え

主婦の生命保険の考え方

専業主婦の場合の生命保険のかんがえかたとしては、自分が死亡したときに葬式代とお墓代くらいが出せる程度の死亡保険に加入していて、そして家事や育児などをお金を払って依頼することになると思いますから、それをカバーするためのお金を用意するという点が大切ではないでしょうか。

どちらかと言えば専業主婦の場合には、生命保険よりも、医療保険に重点を置いておいた方がいいとされています。主婦が医療保険に入っていない場合には病気やけがをした場合にかなり家計に負担がかかってくると思いますから、病気やけがをした場合に備えておくための医療保険や入院保障などを生命保険の特約として付けられるようなものがいいのではないでしょうか。主婦を対象にした生命保険も色々とありますので、そちらで自分に合ったものを探すのが一番ですが、今紹介した保険についての話は、専業主婦の場合で、これが仕事をしている主婦になると家計の収入を支えていることにつながりますので、死亡したときに、その収入が断たれてしまい家計にダメージが与えられますので、その場合には死亡保障はそれをカバーするくらいの保障のあるものに入らなければなりません。ですから専業主婦と働いている主婦では生命保険の基本的な考え方が違っているので、主婦における生命保険の考え方は、これらの点をよく覚えておいたうえで加入しましょう


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED