生命保険の死亡保険とは | 保険選択時の心構え

生命保険の死亡保険とは

生命保険は、死亡した時に払ってもらうもの、と思われがちです。実際は、生命保険は、死亡保険、生存保険、生死混合保険という基本形に分けられます。このうちの、死亡保険というのは、文字通り、生命保険の被保険者が死亡又は高度障害になった場合に限り保険金が支払われるものです。

死亡保険に分類される具体的な保険は、定期保険や終身保険、定期付終身保険などの種類があります。最近は、収入保障保険も人気があります。死亡保険の中の定期保険は、保険の期間が前もって決められ、その期間の内に死亡、または高度障害となった場合に保険金が支払われるものです。保険期間内ならいつ死亡しても、支払われる保険金の金額は一律となっています。定期保険には満期保険金はなくて、保険料は掛け捨てが基本です。この、定期保険の利点は、保険料は割安ながら、生命保険としては比較的大きな保障を得ることが出来るところです。しかし、保険期間を長くすると、生命保険料も高くなってしまいます。定期保険は、育ち盛りの子供がいる父親などに向いているでしょう。万が一、一家の大黒柱である父親が亡くなった場合でも、学費などの補償を受けることが出来ます。このため、子供が独立するくらいまでの期間だけ大きな保障をつけるのが良いことになります。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED