若い年代に合った生命保険選び | 保険選択時の心構え

若い年代に合った生命保険選び

生命保険といっても、各個人の生活スタイルや、考え方などによって適切な生命保険プランは異なってきます。その中でも、年齢が、生命保険を大きく左右する要素となります。生命保険への加入を考える場合での、年代ごとでの適切なものを考察してみましょう。

まず、20代で、独身の人の場合、死亡保障はあまり重要とはいえないでしょう。 自分が死亡した場合の保障より、生存時の保障が充実した内容のものが向いています。例えば、医療保障や入院特約を中心にして、死亡保障も付け加える形が良いでしょう。既婚で、配偶者や子供がいる場合は、後に残される家族の生活も考え、死亡保障もしっかりカバーしてくれる保険も考える必要があります。30~40代の場合、結婚し、専業主婦で、まだ子供も小さいうちは、、死亡保障が充実した生命保険への加入が望ましいです。一家の大黒柱主である旦那さんが死亡した場合に、残された家族への生活保障が大事となります。まず、普段の生活費や養育費などを加味し、万が一の時に必要となる保障額をきちんと確かめておくことです。具体的な数字を知りたいときは、保険会社に問い合わせてみるとよいでしょう。ただ、死亡保障も時に応じて見直す必要があります。例えば、子供さんが成長し独立したりすると、必要となる養育費や生活費も変わります。親が亡くなった後の家族への生活保障以上に、老後の自分たちを考えることに重点を置くようになります。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED