50代以降の年代に合った生命保険選び | 保険選択時の心構え

50代以降の年代に合った生命保険選び

50代以降の生命保険選びとなると、既に子供も独立し、自分自身の老後の生活をきちんと考えなければいけません。年齢が進むにつれ、病気、怪我に対する心配も高くなっていきます。そのため、死亡保障目的だけでなく、医療保険や入院特約を充実させた保険内容のものを選ぶようにすべきです。

また、貯蓄性の高い生命保険へも加入し、老後に備えるようにすべきでしょう。生命保険に加入時は、医師による健康診断が必要な場合もあります。加入の制限がある生命保険も多いので、まず、その点もチェックしなければいけません。 自分に合った生命保険を選び、次は、どのくらいの保障が必要なのかを検討しなければいけません。算出方法の目安は、まず、今後の予想される出費総額を割り出します。遺族の生活資金や子供の教育費、子供の結婚資金などです。次に、今後の予想収入総額を算出します。公的年金収入や配偶者の予定収入、勤務先からの死亡退職金、また、現在の貯蓄額などです。そして、予想出費総額から予想収入総額を差し引いた金額が、必要な保障額となります。さらに、その保障がいつから必要となるか、貯蓄性はどうするか、なども同時に検討します。こうした手順で、いつから、誰に対して、どの程度の保障が必要なのかを知ることが出来ます。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED