不必要な生命保険も考える | 保険選択時の心構え

不必要な生命保険も考える

生命保険は、加入する人により、目的が異なります。強制的に加入している公的保険でも、カバーできる保障がある、ということも知っておかなければいけません。例えば、老後の保障として、老齢年金がありますし、突然の死亡や不慮の事故などで障害を負った場合には遺族年金や障害年金による保障があります。さらに、病気で入院した時は、健康保険で、自己負担は三割で済みますし、高額医療費については負担が軽減されたりもします。こうした公的保険や預貯金のメリットやデメリットを考察することで、自分が必要とする生命保険の保障内容が見えてくるものです。生命保険への加入を考える時、「主人が死亡した時の残された家族のための保障」や、「病気で入院、手術したときの医療費の保障」、「老後の生活のため」など、何のための生命保険なのか、目的を明確にしなければいけません。ただ、皆が生命保険に加入しているので、とか、セールスマンに強引に勧められたから、特典をつけるからといわれたので、など、あいまいな加入目的だと、ムダに生命保険料を支払うことになってしまいます。

自分にとって、必要な保障は何か。生命保険の加入目的を明確にした上で、保障期間はどのくらいなのか、保障額はどの程度必要か、などを計算していくことになります。年金、健康保険などの公的保険や、預貯金など、生命保険以外で保障が可能な金額分の保険金は不必要となります。それなのに、生命保険会社に就職した友人のノルマ達成のために、とか、電話で強引に薦められたから、など、はっきりしない目的で生命保険に加入するケースも結構多いものです。これでは、後悔することになってしまいます。生命保険のセールスマンの巧みなトークに惑わされてはいけません。セールスマンには毎月のノルマもあったりします。ノルマ達成のために、つい必要の無い生命保険まで勧めてしまうこともあります。家族や、生命保険に詳しい友人などに相談した上で、生命保険に加入することです。また、自分の経済状況をわきまえることも大事です。将来へ向けての必要な保障内容ではあっても、現時点での自分(家庭)の経済が破綻してしまってはどうしようもありません。毎月の支払いで家計に大きな負担をもたらしたり、急な出費の場合、サラ金からお金を借りるしかなかったのでは、保険料の金額を抑えるようにしなければいけません。将来の保障だけでなく、自分の現在の生活維持がやはり大前提となるのですから。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED