無理ない範囲での生命保険の資金運用 | 保険選択時の心構え

無理ない範囲での生命保険の資金運用

生命保険というと、よく解らないまま、付き合いで入っている、とか、しつこいセールスマンに強引に入らされた、など、あまり良いイメージがないものです。生命保険は、自分が死んだ後の、家族の生活保障のため、と言う考え方が一般的ですが、金融商品としての活用方法もあるのです。

生命保険会社が販売している貯蓄性のある商品としては、終身保険、養老保険、個人年金保険、の三つがあります。終身保険は、保険金額1000万円、保険料払済年齢60歳、 保険期間は終身、と言うのが一般的です。人はいつかは必ず死亡します。文字通り、生命保険期間が終身(一生涯)であり、いつになるかはわかりませんが、生命保険会社は1000万円の保険金を必ず支払ってくれます。ですから、年数が経過するにつれ、解約返戻金が1000万円に近づいていくことになります。老後の生活資金として有効と言えます。養老保険は、保険金額300万円、保険料払込期間18年、保険期間18年、が一般的です。加入後、18年後に満期返戻金300万円が受け取れるわけで、子供が産まれた時に加入することで、大学入学準備金として活用するなど、教育資金に有効です。個人年金保険は、年金受取年額180万円、年金受取期間55歳~5年間、と言うのが一般的です。55歳から毎年180万円を5年間受け取れるわけです。子供が大学に入学したとき、仕送りの資金として有効活用できます。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED