生命保険を資金運用する心構え | 保険選択時の心構え

生命保険を資金運用する心構え

どの生命保険を選択するかは、家族のライフプランに合わせて選択しなければいけません。退職後も終身保険の生命保険料を支払わなければいけない。まとまったお金が必要ない時期に養老保険が満期となる。

まとまったお金が必要な時期に養老保険を解約しても、返戻率が少なくなってしまう。個人年金保険は老後の生活資金以外には使えないと勘違いしてしまい、子供への仕送りと同時に生命保険料支払もしなければいけなくて、経済的負担が大きくなってしまった。などのケースがあったりします。保障額が高額になると、毎月の生命保険料が高くなり、経済的負担に圧迫されてしまうことになります。必要な保障額は、各人の家計の事情で異なりますが、考え方によっても大きく変わってきます。例えば、死亡保障額は、夫婦共働きで子供のいない場合と、小さい子供が何人もいる片働きの場合では違いますし、貯蓄のある人、ない人でも違ってくるのです。また、生命保険だけでなく、公的保険で保障されるものも知っておく必要があります。死亡した時の保障は、遺族年金(家族の数、給与額で異なりますが、18歳未満の子供を2人残して死亡したサラリーマンの場合で月14万円程度)がありますし、勤務先からの死亡退職金や、ご香典などの弔慰金も考えられます。こうした収入を考慮して、万が一のときの死亡保障額を計算してみましょう。生命保険だって資金として運用する心構えが必要です。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED