今の生活とのバランスを考えた生命保険の運用 | 保険選択時の心構え

今の生活とのバランスを考えた生命保険の運用

生命保険に加入しても、契約後は保険証券を全然見たことがないという人は結構多いものです。生命保険でも、同じ商品(保障額)なら、いろいろな生命保険会社のものを比較して、少しでも保険料を抑えたいものです。

ある統計によると、生命保険の払い込み金額は、年間1家族60万円くらいのようです。期間が30年だと、トータル1800万円となります。これが少しでも保険料が安くなれば、車を買うなど、他の事に当てることも出来るのです。必ずかけておくべき保険、入っておいたほうがよい保険、というように、優先順位を考慮して、貯蓄とのバランスをうまくとるのが賢い生命保険の入り方です。考え方によれば、保険は最低限必要なだけの保障をカバー出来ればよいと割り切って、貯蓄やローン返済を優先するのも間違いではありません。大事なのは、万一の場合の備えより、やはり、現在の生活の充実ですからね。60歳の男性の生存率は年々高まっています。こうしたことから、多くの人にとって、生計上の資金不足が深刻になっていくものと思われます。生命保険でも、それによる保障以上に、貯蓄とその運用が重要になってきます。保険に必要以上のコストを掛けてしまえば、その分貯蓄に回る資金が不足することになってしまいます。やはり貯蓄が家計運営の中心であり、生命保険は付随的なものとして、両方のバランス、優先順位を考えなければいけません。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED