生命保険の見直しと転換 | 保険選択時の心構え

生命保険の見直しと転換

生命保険は、ライフステージの変化に伴い、必ず見直しの時期が来るものです。生命保険の見直しは、まず、保険を見直すべき時期を判断することから始まります。出来れば、ライフステージの節目を迎える時より、少し早めに考え始める事が望ましいでしょう。

生命保険の見直しは、大抵の場合、一部を変更する形で解決する場合が多いものです。生命保険を解約するときに、必要なものだけは残すようにすることなのです。途中解約をすると不利となりやすい保険としては、学資保険(こども保険)、個人年金保険、養老保険などがあります。医療保険はより新しくした方が良いケースが多いものです。生命保険の見直しで注意すべき点は、一旦契約すると、何年かごとに生命保険会社の担当者が見直しを勧めてきます。しかし、言われるままに契約の変更をしてはいけません。大抵の場合、生命保険会社の営業マンは自分のノルマ達成のために増額や新規加入を勧めて来る場合が多いものです。見直しの検討をする場合、自分で資料などを取り寄せてよく考えるか、ファイナンシャルプランナーなど、中立な立場の人に相談すると良いでしょう。生命保険会社に直接出向いて相談するのも良いですが、保険会社には契約内容の守秘義務があるので、本人確認が出来ないと相談に応じてくれない場合もありますので、保険会社の窓口で相談するときは、保険証券に書かれている証券番号などを確認しておいたほうがよいでしょう。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED