生命保険の見直しと転換するという心構え | 保険選択時の心構え

生命保険の見直しと転換するという心構え

生命保険の見直しの検討をする場合、自分で資料などを取り寄せてよく考える方法もひとつではありますが、ファイナンシャルプランナーなど中立な立場の人に相談するのがベスト。そして保険会社に今加入している生命保険を下取りしてもらい、新しい保険に加入し直す、転換という方法があります。

今加入している保険を解約し、新しい保険に加入するケースだと、前の保険の解約返戻金が入ってくるのは新しい保険に加入した後になります。このため、新しい保険の頭金などを新たに用立てなければいけませんが、転換の場合、下取りしてもらった金額を新しい保険の一部に充てることが出来るので、新規保険に入るよりも保険料は安くなります。ただ、転換価格という下取り価格のため、保険料負担は増えていない様に思えますが、保険料支払い期間が延長されていたり、更新後の保険料の上げ幅が増えていたりします。こうしたことから、転換を行う場合は、実際にどの程度有利になるのか、全般で保険料の負担がどの程度変わるのかをよく判断しなければいけません。今の生命保険の保障が全く必要なく、他の保険に転換する必要性もない場合や、保障は必要ながら、他の保険会社の商品の方が有利なので、乗り換えると現在加入している保険は必要なくなる場合などは、解約も一つの方法となります。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED