生命保険契約時のチェックポイント | 保険選択時の心構え

生命保険契約時のチェックポイント

生命保険の契約に際し、実際、どのような時に、どれくらいの保障が必要なのか、考えてしまうことが多いでしょう。確かに、保障金額が高ければ高いほど、いざというときに助かることになりますが、給与所得者である場合、生命保険料の負担が多すぎて継続できず、やめてしまっては意味が無いことになります。

生命保険は、一家の柱が不慮の事故・疾病で死亡した場合の経済的補填、というのが基本なので、経済的補填を中心に考えるべきです。つまり、給与所得の変わりに、生命保険金で所得を補うということになります。この場合、収入は、家族が生計を保つために必要な金額と置き換えることも出来ます。一家の柱がいなくなると同時に、家計の経費から、一人分が減ることにもなるわけです。また、マイホームをローンで購入している場合、団体信用保険に加入していれば、住居費は無くなります。その分が差し引かれることにもなるのです。配偶者が仕事している場合や、子供の年齢も関わってきます。配偶者に充分な収入があり、それで家族が暮らしていけるのなら、保険金額は必要最小限にして老後の備えとするか、解約返戻金が多い商品の比率を高めれば良いことになります。また、別に、株などの金融商品での利殖を考える方が有効な場合もあります。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED