外資系の生命保険の形 | 保険選択時の心構え

外資系の生命保険の形

いま日本の生命保険業界も大きく変わりつつあります。なぜなら、ここ数年で日本の保険会社以外に海外の保険会社も生命保険業界に参入しているからです。しかも特徴としては、日本の生命保険会社の保険料よりもとても安い保険料で手厚い保障が受けられるということもあって、選ばれています。

日本の生命保険会社はなぜ保険料が高くて、外資系の生命保険会社は保険料が安いのでしょうか。この二つの会社は特徴が違っています。特徴を理解して、自分が生命保険を選ぶ際に、参考にしてみるといいかも知れません。まず外資系の生命保険会社というのは、営業の方法が違っています。国内の生命保険会社では保険外交員による営業が主力になっていますが、外資系ではこの営業に対する考え方が大きく違っています。外資系の生命保険の場合には、通販型と呼ばれていたり、ダイレクト型と呼ばれているように、コンサルティング営業で成り立っています。ですから、実際に日本の生命保険会社に比べると、直接営業のスタッフと対面しながら、保険についての話を聞くということがなかなかできないという特徴があります。代理店なども設けないのが外資系保険会社の特徴です。ですから代理店にかかる費用がない分、営業のスタッフが少ない分保険料を安く抑えてあるのが特徴です。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED