生命保険の掛け捨てが損なのではない | 保険選択時の心構え

生命保険の掛け捨てが損なのではない

積立の保険に入りたい人というのは、貯金のつもりで入りたいと考える場合が圧倒的に多いみたいです。でもちょっと角度を変えて検討してみたいものです。ハッキリ言って、掛け捨てが損なのではありません。

積み立ての生命保険というのは、手数料が生命保険会社に取られていますから、自分で貯蓄した方がいいという面もあります。掛け捨てが損ではなくて、掛け捨ては、保険料が安く設定されていますから、その分自分で100%を貯蓄に回すことができます。しかし生命保険会社の積み立てにした場合には、100%貯蓄に回せるはずの部分が、生命保険会社に手数料として引かれていきますので、単純に考えても、保険料の安い掛け捨ての保険を組んで、そして自分で貯蓄をした方が損得で考えれば得になるというわけです。しかし生命保険会社の積みたてを選ぶ人は多いのは、保険をかけながら積み立てができるという一石二鳥で手軽なところがあるからだと思います。掛け捨ての生命保険が損といういイメージを持っている人は、そうではありませんから、そのイメージは改めて、実際に自分は別で貯蓄をしていけるのか、それとも生命保険会社に委託した方がいいのか、その点をよく考えて保険に加入するといいのではないでしょうか。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED