生命保険に終身は付けるか? | 保険選択時の心構え

生命保険に終身は付けるか?

生命保険の終身保険は、一生涯保障を続けることができる保険のことを言います。保険の中での保障期間の期限が設けられていませんから、一生涯保険金を受け取ったり、給付金を受け取ることができるというのが特徴の生命保険です。

終身保険に対して、定期保険というのは、期間が限られていて、その期間が過ぎてしまうと保障がなくなります。生命保険の終身保険はエンドレスに一生涯保障期間が続くために、保険期間も長いですから、保険料も定期保険に比べれば少し高くなるという特徴があります。生命保険で終身保険をつけることはなくても大丈夫だと思っている人も多いと思います。主に終身保険は医療保険につけるといいかも知れません。なぜなら医療保険というのは健康で若い時はそれほど使う頻度が少ないと思いますが、年齢を重ねていけばいつどうなるのかわかりませんから、終身保険で一生涯保障をつけている方がいいという考え方になります。ですから、医療保険を選ぶ場合には一生涯保障が続く終身保険をお勧めします。それに比べて生命保険の方は、一生涯保障をつける必要はないです。なぜなら、たとえば働き盛りの時期で、子供にお金がかかる時代というのは一番保障がなくてはなりませんが、こどもが独立すれば、保障をそれほどつける必要はないのです


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED