生命保険の代理店の種類 | 保険選択時の心構え

生命保険の代理店の種類

生命保険の代理店は、日本の昔からある国内の生命保険会社はほとんどが代理店を設けています。しかし外資系の生命保険会社は、代理店を設置しない方針で運営しています。外資系の生命保険会社は、代理店を構えていないことから、代理店にかかる費用や人件費、コストなどが必要ありませんから、その分生命保険料が安く抑えられているというメリットがあります。

生命保険料だけを見てみると、代理店を通さずに、ダイレクトに直接生命保険会社と契約ができれば、生命保険料が抑えられるので、それはかなりメリットがあると思う人もいるかもしれません。しかし生命保険料だけで見れば代理店を通さない方がお得ではありますが、人によっては代理店で、しっかりと生命保険の商品について説明をしてもらったり、対面でちゃんと契約を進めて行きたいと思っている人もいるのです。ですから、生命保険の代理店はない方が保険料が安いというメリットはありますが、人それぞれ感じ方があり、営業マンに話を聞いた上で、生命保険に入りたいと思っている人には代理店を通じた方がメリットが大きい場合もあるのです。生命保険の代理店は、色々な場所にあります。最近はショッピングセンターなどの中に、保険市場という、色々な保険会社の代理店が一つにまとまっている店舗も増えています。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED