保険選択時の心構え | 生命保険案内 - Part 2

保険選択時の心構え

無理ない範囲での生命保険の資金運用

保険選択時の心構え

生命保険というと、よく解らないまま、付き合いで入っている、とか、しつこいセールスマンに強引に入らされた、など、あまり良いイメージがないものです。生命保険は、自分が死んだ後の、家族の生活保障のため、と言う考え方が一般的ですが、金融商品としての活用方法もあるのです。
続きを読む…


無駄なく、必要な生命保険選びを

保険選択時の心構え

生命保険は、保険料の家計への負担を考える必要があります。家計簿などをつけ、毎月の家計の収支のなかで生命保険料がどの程度負担になっているかも知っておかなければいけません。気が付かないうちに、年間の生命保険料が100万円を越えていた、などというケースもあります。家計の中で、生命保険料の負担が大きすぎると感じた場合、必要ない保障に入っていないかなどを検討し直してみるとよいでしょう。加入者の年齢が上がるにつれ、生命保険料も高くなり、保険料が占める割合も多くなるものです。しかし、保険料の負担を軽くし過ぎて、万一の時に必要な保障が受けられなくなるようになってもいけません。まず、本当に必要な保障内容なのかをしっかり把握するべきです。例えば、主人が死亡したときにはどんな生命保険が受けられるのか、それは妥当な保険金額なのか、などをしっかり検討してみましょう。特に、死亡保障については、つい、多額の保険金額を考えがちですが、死亡保険金は人の命に代わるもの、というより、残された遺族の生活に必要なお金なので、本当にその保険金額で妥当のか、じっくり検討してみましょう。
続きを読む…


不必要な生命保険も考える

保険選択時の心構え

生命保険は、加入する人により、目的が異なります。強制的に加入している公的保険でも、カバーできる保障がある、ということも知っておかなければいけません。例えば、老後の保障として、老齢年金がありますし、突然の死亡や不慮の事故などで障害を負った場合には遺族年金や障害年金による保障があります。さらに、病気で入院した時は、健康保険で、自己負担は三割で済みますし、高額医療費については負担が軽減されたりもします。こうした公的保険や預貯金のメリットやデメリットを考察することで、自分が必要とする生命保険の保障内容が見えてくるものです。生命保険への加入を考える時、「主人が死亡した時の残された家族のための保障」や、「病気で入院、手術したときの医療費の保障」、「老後の生活のため」など、何のための生命保険なのか、目的を明確にしなければいけません。ただ、皆が生命保険に加入しているので、とか、セールスマンに強引に勧められたから、特典をつけるからといわれたので、など、あいまいな加入目的だと、ムダに生命保険料を支払うことになってしまいます。

自分にとって、必要な保障は何か。生命保険の加入目的を明確にした上で、保障期間はどのくらいなのか、保障額はどの程度必要か、などを計算していくことになります。年金、健康保険などの公的保険や、預貯金など、生命保険以外で保障が可能な金額分の保険金は不必要となります。それなのに、生命保険会社に就職した友人のノルマ達成のために、とか、電話で強引に薦められたから、など、はっきりしない目的で生命保険に加入するケースも結構多いものです。これでは、後悔することになってしまいます。生命保険のセールスマンの巧みなトークに惑わされてはいけません。セールスマンには毎月のノルマもあったりします。ノルマ達成のために、つい必要の無い生命保険まで勧めてしまうこともあります。家族や、生命保険に詳しい友人などに相談した上で、生命保険に加入することです。また、自分の経済状況をわきまえることも大事です。将来へ向けての必要な保障内容ではあっても、現時点での自分(家庭)の経済が破綻してしまってはどうしようもありません。毎月の支払いで家計に大きな負担をもたらしたり、急な出費の場合、サラ金からお金を借りるしかなかったのでは、保険料の金額を抑えるようにしなければいけません。将来の保障だけでなく、自分の現在の生活維持がやはり大前提となるのですから。


生命保険契約時の理想は

保険選択時の心構え

更新型の生命保険は、満期型商品が満期となった時、その時点での年齢に応じた保険料に変更した上で、契約を更新する形の生命保険です。このため、一定期間ごとに保険料が値上がりすることになります。それに対し、終身型の生命保険は、保険料は変わりません。
続きを読む…


生命保険契約時に確かめるべきこと

保険選択時の心構え

生命保険を選ぶ際、気を付けておきたい点もいくつかあります。よくあるケースとして、保障の内容などが同じなのに、生命保険会社、商品ごとに価格が違うケースです。
続きを読む…


ライフスタイルのニーズにマッチした生命保険選びを

保険選択時の心構え

日本国内では、死亡率は変わりません。保障内容の詳細もきちんと見比べることが大事です。生活スタイルの変化に応じて、保険を見直す必要が出てくることもあります。例えば、近いうちに子供が生まれるため、保障内容を見直したいが、どのように見直せば良いのか分からない、ということもあります。
続きを読む…


ニーズに合った生命保険選びを

保険選択時の心構え

生命保険会社もそれぞれで、得手、不得手の分野があるものです。たとえば、ある生命保険会社は医療保険が得意で、別の生命保険会社は死亡保険が得意、と言うケースが普通です。
続きを読む…


50代以降の年代に合った生命保険選び

保険選択時の心構え

50代以降の生命保険選びとなると、既に子供も独立し、自分自身の老後の生活をきちんと考えなければいけません。年齢が進むにつれ、病気、怪我に対する心配も高くなっていきます。そのため、死亡保障目的だけでなく、医療保険や入院特約を充実させた保険内容のものを選ぶようにすべきです。
続きを読む…


若い年代に合った生命保険選び

保険選択時の心構え

生命保険といっても、各個人の生活スタイルや、考え方などによって適切な生命保険プランは異なってきます。その中でも、年齢が、生命保険を大きく左右する要素となります。生命保険への加入を考える場合での、年代ごとでの適切なものを考察してみましょう。
続きを読む…


生命保険の死亡保険とは

保険選択時の心構え

生命保険は、死亡した時に払ってもらうもの、と思われがちです。実際は、生命保険は、死亡保険、生存保険、生死混合保険という基本形に分けられます。このうちの、死亡保険というのは、文字通り、生命保険の被保険者が死亡又は高度障害になった場合に限り保険金が支払われるものです。
続きを読む…


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED