生命保険は種類で変わる | 生命保険の種類

生命保険は種類で変わる

生命保険といっても、いくつか種類があります。主なものとして、死亡保険、生存保険、生死混合保険の三つに分けられます。死亡保険とは、被保険者が死亡するか、重度の障害になったときに支払われるものです。定期保険や、終身保険、定期付終身保険などがこれに当たります。

生存保険とは、被保険者が保険の期間内に死亡しないまま満期となった時に支払われるものです。個人年金保険や貯蓄保険などがこれに当たります。生死混合保険は、死亡保険と生存保険が組み合わさったものです。保険期間のうちに死亡した場合、死亡保険が支払われ、満期まで生存していた場合、満期保険金が支払われるものです。養老保険や、定期付養老保険などがこれに当たります。生命保険は主契約と特約で成り立ちます。主契約とは、生命保険の基本となる部分で、主契約のみで生命保険の契約が成り立ちます。定期保険、養老保険、終身保険、医療保険、介護保障保険、個人年金保険などから一つを選び、契約を交わすことになります。特約とは、主契約にプラスして、生命保険の内容をさらに充実させるためのものです。種類はいろいろとありますが、その中から、契約者が必要と思うものを選択し、付け加えることになります。

主契約をせずに特約だけに加入することは出来ません。また、主契約を解約すると特約も解約されることになります。定期保険特約、ファミリー特約、収入保障特約、傷害特約、災害入院特約などから選ぶことになり、 複数を選ぶことも出来ます。最近は、生命保険にプラスした形の、新しいタイプの保険もいろいろ登場しています。例えば、医療保険は、被保険者の生死に関わらず、病気やケガなどによる入院、手術、通院などが給付の対象になります。特約で定期保険に医療保障を付け加える場合と比べ、死亡保険金額が少ないですが、逆に保険料は安いものです。ガン保険のように、保障の対象を限定したものもあります。終身保険などに介護保障機能を組み込んだ、介護保険も最近は人気があります。生命保険に加入する場合、保険会社や、生命保険自体の商品の選択はとても大事となります。生命保険を選ぶのは、家を購入するのと同じくらいと考えるべきです。月々2万円の30年払いとしたら、生命保険料は総額で累計720万円となります。更新型なら、さらに、この2~3倍以上の価格となるわけです。保険会社の担当者ともよく話し合いをし、誠意ある対応をしてくれるかどうかも見極める必要があります。また、今後の人口の動きや、平均寿命の伸び率など、社会情勢などもある程度自分で勉強した方が良いでしょう。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED