特殊な状況での生命保険への加入 | 生命保険の種類

特殊な状況での生命保険への加入

生命保険に加入する時、医師による診断が必要な場合もあります。加入者の健康状態が良好でないと診断された場合、生命保険会社から加入を断られることもあるのです。ただし、生命保険に加入できるかできないかは、各生命保険会社によって基準が異なっています。

ある生命保険会社から加入を断わられても、別の保険会社では審査が通ることもあります。こうしたことから、自分の健康状態に不安がある人に対しては、仮審査制度というものもあります。保険代理店に依頼し、いくつかの保険会社に仮申込みをしてもらい、その中で加入できる生命保険会社を選び、本申込みを行うことが出来るものです。ある生命保険会社の場合は加入を断られたのが、別生命保険会社では保険料割増などの特別条件で加入でき、さらに別の生命保険会社では無条件で加入できる、というケースが生じることもあります。一社に断わられたからといって、あきらめずに、こうした方法を活用することで、生命保険に加入できるのです。また、最近は、健康状態の確認で、喫煙が重視されるようになっています。最近の定期保険の中には、煙草を吸わない人や、一定の健康状態にある人の保険料を割り引く、健康体割引を導入しているものもあります。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED