特殊な状況での生命保険への加入ニコチンテスト等 | 生命保険の種類

特殊な状況での生命保険への加入ニコチンテスト等

健康体な人は保険料が割安になるわけです。ところが、煙草を吸わない人の中には、以前は煙草を吸っていたが、今は止めている、という人もいることでしょう。

生命保険に健康体割引が適用されるのに、保険会社ごとで、唾液によるニコチン含有量テストなどを行ったり、保険会社が定める期間内(過去2年以内とか)に煙草を吸っていないことを条件にあげたりしているところがあります。しかし、タバコを吸っていない期間というものは、生命保険への加入を申請する本人の自己申告でしか判断できないことになります。つまり、煙草を吸っていないかどうかのチェックは、ニコチンテストによって決めるしかないことになります。ただ、このテストは、1年間煙草を吸っていなければ、まず引っかかることは無いようです。1年間以上煙草を止めているのであれば、健康体割引を適用してもらうために、保険加入時にニコチン含有量テストを行ってみるとよいでしょう。逆に、少しでも健康体割引を適用してもらいたい喫煙者の人は、1年間の禁煙にチャレンジしてみるべきでしょう。これにより、より安い負担で将来が保証され、自分の健康も回復することになるのです。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED