生命保険での終身保険と定期保険 | 生命保険の種類

生命保険での終身保険と定期保険

生命保険でも、万一の死亡に備えた保険が死亡保険です。死亡保険の代表的なものは、終身保険と定期保険です。一生涯の保障を持つ終身保険に対して、定期保険は期間を限定した死亡保障となっています。

終身保険を選ぶポイントとして、終身保険には、一定年齢もしくは一定期間で払い込みを終える有期払いと、一生涯払込む終身払いの、二通りの生命保険料の払い込み期間がある、と言うことです。どちらも死亡保障を備えた生命保険ですが、保険料は終身払いのタイプの方が割安となります。終身保険のメリットとして、終身保険には解約払戻金があることです。その分、保険料は高く設定されていますが、終身保険に加入すると、万一の死亡時の保障以外、死亡保障が不要と判断されるくらいの年齢まで達したとき、解約して老後の生活資金に当てることも出来るのです。つまり、ある意味、貯蓄性にも配慮して生命保険というわけです。ただし、払込み期間によって受け取る解約金は大きく違ってきますので、生命保険加入時には解約払戻金をよく確かめなければいけません。支払い期間が長くなるほど、解約時の戻り金も払込金額を上回ることになります。終身保険を選ぶ際には、払込み期間は有期か終身か、保障額は自分の必要額を満足しているか、解約払戻金はいくらか、これらがチェックポイントになります。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED