生命保険と生活保護について | 保険の知っておきたい知識

生命保険と生活保護について

生命保険と生活保護についてですが、生命保険に入っていることで、生活保護の申請ができないのではないかと思っている人も多いと思いますが、生活保護を受けたいと思っている人やこれから受ける人は生命保険に加入することができないのか、ここで紹介したいと思います。

そもそも生活保護というのは、最低限の生活を維持するために受け取ることができるお金です。ですから、貯金をしたりするということは認められていません。ということは、生命保険に入れるが、貯金タイプの積立の生命保険に加入することはできないということになるわけです。生活保護は全面的に生命保険を禁止しているというのではなくて、掛け金が低い金額で掛け捨ての生命保険の場合には、生活保護を受けていても生命保険に加入することができます。しかし生命保険に加入しているということを、生活保護を受ける段階で担当者に申告しなければいけません。生活保護をすでにもらっているという場合で、途中で生命保険に加入することになった場合でも、生活保護の担当の人に申告しなければいけません。生活保護では生命保険を禁止しているわけではなくて、貯金目的のものは禁止されていますが、それ以外の掛け捨てタイプなら申告すれば入れることになっているので利用してみるといいでしょう。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED