生命保険を生活保護者が解約される場合 | 保険の知っておきたい知識

生命保険を生活保護者が解約される場合

生命保険を解約されてしまう場合はどんなケースでしょうか。本人が生活保護を受けるケースで生命保険に入れないのはもちろんですが、もしも誰か家族が生命保険をその生活保護を受ける人にかけている場合も、解約させられるといわれています。

生命保険に入るお金があるのであれば、扶養しなければいけない義務があるからです。解約返戻金などを本人たちに渡して生活費の一部にさせる義務があるのです。医療費については生活保護を受けていれば10割は国が負担してくれますから必要ありませんので、医療保険は入る必要がないのですが、やはり死亡したときのことなどを考えるとなかなかそうもいかないのが現状だとは思いますが、本人が契約しているわけでなくても、生活保護を受けている人名義で生命保険をかけているという場合には、解約という流れになることが多いようです。葬儀の費用について心配で生命保険をかけている人も多いかも知れませんが、葬祭扶助などもあるようですから、それほど期待はできませんが、生命保険を生活保護の人にかける必要はないとされています。それでも掛けたいと思っている人は、一度生活保護の担当者に聞いてみるのがいいでしょう。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED