生命保険の予定利率は上がったり下がったり | 保険の知っておきたい知識

生命保険の予定利率は上がったり下がったり

どこの生命保険会社でも、予定利率というのはありますし、それを見越して保険料というのは割引になっていると思います。生命保険会社が積立た保険料を契約者のために運用するのですが、この予定利率が引き下げられるということもありますが、生命保険の予定利率がもしも引き下げられた場合には、基本的な払込保険料は値上がることになりますし、満期受取金額はそれとは逆に減らされることになります。

また死亡保険金も減らされることにつながります。今は予定利率がそれほど上がらないと言われていますから、損をする可能性もあるということになるのではないでしょうか。今加入している自分の生命保険の予定利率を今一度調べたうえで、一度確認してみるといいでしょう。生命保険証券などには記載されていませんので、自分で生命保険会社に問い合わせをするという形になると思いますので、一度聞いてみるといいかも知れません。生命保険の予定利率が引き下げられると、的保険や定期付終身保険はそれほど削減されませんが、養老保険や終身保険、個人年金の削減が大きくなります。最近では国民年金に加入せず、保険会社の年金型保険に加入する人がふえているそうですが、世界の情勢の変化によって受け取れる金額が変わってしまう可能性もあるということなんですよね。ですから運用が上手な保険会社を調べてみるのも面白いかも知れません。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED