生命保険は相続放棄しても受け取れるのか? | 保険の知っておきたい知識

生命保険は相続放棄しても受け取れるのか?

相続放棄をすれば、初めから相続人ではないということになるわけですが、被相続人、つまり死亡した人が加入していた生命保険金についても受取ができなくなるのか、この質問についてはインターネット上でもよく質問している人が多い問題です。

この場合には、一概に受け取れないとも言い切れないのが現状です。保険契約の内容によってはその受取が可能であるか不可能であるのかということが違ってくるからです。生命保険金の受取はだれなのかしっかりと知ることから始めましょう。たとえば亡くなった人本人が受取人だった場合には、被相続人名義であるたとえば貯金があったり、債権があった場合と同じで、生命保険金の請求権についても、相続財産の一部ということになりますので、相続放棄をしたら、相続人で派内ということになるので、生命保険金も受け取ることが不可能になります。もしも夫が自分名義(つまり本人名義)で生命保険に加入していて、保険金は妻が受取人になっていた場合には、生命保険契約上相続放棄をしていたとしても、契約では、生命保険金は妻が受け取るという契約になっているために、これは受け取れることになります。生命保険の相続人が保険金受取人に決められている場合には、他の相続放棄はしていても、生命保険については、受け取れるということになります。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED