生命保険を相続放棄しても受け取る場合の注意事項 | 保険の知っておきたい知識

生命保険を相続放棄しても受け取る場合の注意事項

相続放棄をしていても生命保険は受け取れる場合がほとんどですが、注意しなければいけないことがあり、税金についていろいろと相続をする場合にはややこしいことがあります。

受取人になっていて、相続放棄をしながらも生命保険を受け取る場合には、その金額によっては、税金を支払わなくてはいけないことになるのです。生命保険料の支払いを実際は誰が行っていたのかによってもかかってくる税金の種類は違ってきますので、その点は確認する必要があります。亡くなった人が自分で保険料を支払っていたのでしたら、受取人が受け取るという場合には、相続税がかかってくるケースが一般的です。受取人が保険料を支払ってきていたという場合には、生命保険金の受け取りというのは、一時所得扱いになりますので、所得税が課せられることになります。生命保険と相続放棄に関しては少し複雑になってきますから、もしもその場になってみて、どうなるのか、税金のことも含めてわからなくなったという場合には、一度生命保険会社のスタッフに相談してみるというのがいいと思います。相談することで、どうすればいいのかアドバイスしてもらえると思いますので、その流れで手続きをすることができます。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED