生命保険と預貯金の違い | 保険の知っておきたい知識

生命保険と預貯金の違い

生命保険は病気やケガ、万が一のときなどに備える保障機能があるのが、預貯金とは違うところです。また、預貯金の場合、死亡するとそれまでに貯めた分しかないのが、生命保険の場合、極端に言えば『加入した次の日に死亡』しても、積み立てた金額に関係なく、保障額を保険金として受け取ることが出来ます。

今まで病気ひとつしたことがないので、生命保険は必要ない、という人もいるでしょうが、これから先もずっと病気、ケガをしないとはいえません。年齢を重ねるにつれ、病気になる確立は高まります。高齢化社会が伸展し、また、2003年4月からは、それまで2割だったサラリーマンの医療費自己負担が3割となり、公的な保障だけではかなり不安なものがあるのが現実です。健康で、生命保険が必要ないときに加入でき、病気やケガで保障が必要となった時に加入できない(または加入しにくくなる)のが生命保険なのです。まぁ最近では保険の種類も多様化してきているので、保険に入れなくなるなんてことは無いとは思いますが、若くて健康な時に加入するのが生命保険をうまく活用するコツなのです。同じ保障内容であれば、若い方が保険料も安くなる、というメリットもあります。実際に生命保険を選ぶ際には、主契約で、自分の保障したい内容のものを選ぶべきです。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED