生命保険と預貯金を考える | 保険の知っておきたい知識

生命保険と預貯金を考える

生命保険は主契約と特約で構成されていますが、メインは主契約であり、特約はオプション的なものだ、ということを知っておく必要があります。特約で自分が保障を受けたい内容の生命保険の商品を選んでしまうと、主契約に必要ない保障をつけて契約してしまうこともあったりします。

そうなると、生命保険の掛け金も、余計な保障の分まで払ってしまうことになりかねません。例えば、病気やケガでの入院・手術に備えるための生命保険を希望したとします。この場合、生命保険に貯蓄性は求めず、医療費の保障だけが必要なわけです。ここでは、生命保険の終身保険や定期保険にオプションとしての医療特約をつけたものよりも、医療保険そのものに加入したほうが余分な生命保険料を払わなくて済むことになります。結婚、出産、子どもの独立など、ライフステージの変化の時により、必要な保険も変わってきます。年齢、ライフステージにあった生命保険選びを行うことも大事です。必要な保険の内容や、掛け金に応じて、実際に支払われる金額などは、算出の仕方は結構複雑になったりすることもあるので、場合によっては、専門家に相談して具体的な保障額なども確かめて見るのが良いでしょう。貯蓄型の生命保険よりもいわゆる掛け捨て型の方を選択することを推薦したいと思います。だって保険料の差が激しすぎるから。若いうちは保険金額も大きくは無いですけど、ある一定の年齢になってからだとリスクも多くなります。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED