生命保険の事業仕分けの知識 | 保険の知っておきたい知識

生命保険の事業仕分けの知識

生命保険の一世帯あたりの保険料は、平均で年間61万円となっています。一生涯では、2,000万を超える高い買い物ということになります。マイホームを購入するのと同じぐらいの金額になるわけです。それなのに、生命保険に関しては無関心な家庭も多いものです。その視点で考えてみると、生命保険にかけるお金も事業仕分けしたくなりますよね。生命保険への加入の際には、様々なポイントがあります。まず、安全な、つぶれない保険会社を選ぶことです。生命保険会社が破綻すると、貯蓄型の保険商品の戻り金や、万一の死亡時に保険金がちゃんと支払われるのかとても心配となります。生命保険契約者保護機構や救済保険会社により契約の継続は可能ですが、一般的には保険金額が削減されることになります。こうしたことから、生命保険に加入するときは、保険会社選びがとても重要となります。雑誌、インターネットなどから、保険会社についていろいろ情報収集する必要があります。次に、ライフシーンに応じた保険商品を選ぶことです。学生時代を終え、社会人になると、「生命保険も必要?」と考えることになります。確かに、病気になったり、事故・災害に遭遇したときに、親に迷惑をかけたくないという意味で自己責任をもつようにすることは望ましいものです。ただ、独身の場合、本当に必要な保障を考えなくてはいけません。

例えば、死亡保障の場合、自分が万一死亡するようなことがあっても、両親が路頭に迷うという心配はありません。結婚や子供の誕生というライフシーンの変化を迎えた時には、残された家族のために死亡保障を準備する必要が出てきます。必要な時、必要なだけの保障を準備する、賢い保険加入が大事です。最近は保険も事業仕分けブームとなっています。こうした中、生命保険を見直し、無駄な保障を減らすことも必要となります。しかし、本当に必要な時に保障がなくなってしまう恐れもあります。例えば子供がいて、まだ小さい場合、主人に万一のことがあった時、一番大変な状況を迎えることになります。こうした状況は、もっとも保障の必要な時といえます。教育費は年々高くなり、子供一人が成長するのに1,000万ぐらい必要ともいわれます。医療費もこれからは自己負担が増える時代となります。保険の事業仕分けを考える時に、本当に必要な保障は何なのかを良く確かめなければいけません。生命保険は必要な時に、必要な分だけが基本となります。もちろん、生命保険の事業仕分けは必要ながら、必要な保障まで事業仕分けしないように気をつけるべきです。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED