生命保険の猶予期間 | 保険の知っておきたい知識

生命保険の猶予期間

保険料の払い込みを忘れていた場合などは猶予期間というものが生命保険会社にはある筈ですから、完全に執行してしまう前に生命保険会社に相談してみると良いでしょう。猶予期間内でも保険料が払えなかった場合、その生命保険は失効するか、自動振替貸付制度が適用されることになります。失効した契約は、失効後に死亡したりしても生命保険での保障は一切ありません。

ただ、通常は、三年以内に所定の手続きをすれば契約を元に戻すことが出来ます。これが「復活」の制度です。実際に配偶者などが死亡して、いざ、生命保険金を受け取ることになったとき、後になって多額の税金が課せられることを知って驚いた、というケースもあります。保険金が支払われる時に、誰が受け取るのか、また誰が保険料を払っているのかによって、税金のかかり方が違うことも知っておかなければいけません。例えば500万円の死亡保険金を受け取る場合、契約者(保険負担者)が夫で、被保険者が妻で、死亡保険金受取人が子供だとした場合、贈与税を収める必要があり、70万ぐらいになることもあります。死亡保険金の場合、一般的に相続税の税負担が一番軽く、次いで所得税・住民税・贈与税の順になるとされています。また、保険金の種類によっても税金の種類は違って来るのです。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED