生命保険の解約と切り替え | 保険の知っておきたい知識

生命保険の解約と切り替え

生命保険に加入しても、何らかの理由で解約したくなる時もあります。一度解約すると、原則的として、契約は元に戻せないので、本当に解約が必要なのか検討することです。ただ、加入している生命保険会社の経営状態が危ないような場合は、ためらわずに解約すべきです。

解約の手続きは、担当者に口頭で伝えたり、電話で申し出を行っただけでは成立しません。解約の申し込み専用の書類に自分で署名・捺印し、その上で、生命保険会社に提出し、受理されてはじめて解約の手続きが完了することになります。しかし、解約を申し込んでも、担当者が自身の営業成績に響くことから、手続きをなかなか進めてくれないというのもよくある話です。急いで解約したい場合、直接生命保険会社の本店や支店の窓口に行って、手続きを済ませるのが確実です。長期的に保険料の払込が、経済的な理由などで困難になった時などに、途中から保険料を支払わずに契約を有効に継続しておける方法もあります。これが払済保険です。これは、保険料の払い込みを一旦中止し、その時点の解約返戻金をもとに、もとの生命保険の保険期間を変更せずに養老保険、または、変更前と同じ種類で、保障額がより少ない保険に変更する、というものです。ただし、通常、もとの契約の保障よりも保険金額は少なくなりますし、付加していた特約はすべて消滅することになります。また、もとの契約が個人年金の場合、「払済年金保険」になります。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED