生命保険の解約と切り替えの注意点 | 保険の知っておきたい知識

生命保険の解約と切り替えの注意点

もとの契約が個人年金の場合には払済年金保険になる訳ですが、「個人年金保険料税制適格特約」が付加されている場合、契約後10年間は払済保険に変更することができません。

今の生命保険を解約して他の生命保険に切り替えたいと考えた場合、これまでの生命保険会社との審査基準の違いなどから、新しい保険に加入できない場合もあり得ます。生命保険の切り替えの場合、次の保険が成立してから解約を行うべきです。また、今の契約を活用しながら、新たな保障で契約できる、契約転換制度というものもあります。この場合、保険料は契約転換を行う時の保険年齢、保険料率で計算されます。今の契約の責任準備金や積立配当金を転換価格として、新しい契約の一部に当てられるので、頭金を入れるのと同じような形となり、まったく新しく加入するより保険料は安くなるメリットもあります。ただ、転換後は新しい内容の保険だけとなり、元の契約は消滅することになります。このため、あとから保障内容などに不満があったりしても、前の生命保険に戻すことはできません。転換することで実は損を被る恐れもあるので、転換は十分に注意して行うべきです。例えば、現在の契約より予定利率が下がる場合や、若いときに加入していたため、保険料の安かった契約の場合などは、注意が必要です。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED