生命保険の有効な活用 | 保険の知っておきたい知識

生命保険の有効な活用

生命保険は、万が一の時のための生活保障というのが前提であり、そのために生命保険料を支払っていると考えられています。しかし、せっかくの出費なのですから、他に有効な使い道はないのか?と考えることもあるでしょう。

例えば、契約者貸し付けの制度で、不意の出費を生命保険でまかなう、という活用方法があります。契約者貸付制度とは、終身保険や養老保険、個人年金保険など、解約返戻金が年を追うごとに増えていく形の保険商品の場合、解約返戻金の一定範囲内で貸し付けを受けることができる制度です。企業により、その範囲は異なりますが、通常、解約返戻金の8~9割の範囲で貸し付けが可能です。返済方法は一括でも分割でも可能です。ただし、金利はやや高めに設定されています。返済せず、死亡保険金や満期保険金を受け取る際に相殺することも可能となっています。注意すべき点として、保険契約後の期間が短い場合は、貸し付け出来ないこともありますし、返済が行われない場合、貸し付け利息が毎年元金に繰り込まれ、貸し付け元利金が解約返戻金を超えると、保険契約そのものが失効となる、ということなどです。一度、自分が契約している生命保険の解約返戻金のところを検討してみると良いでしょう。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED